ファッションで巡るギリシャ 色彩溢れる海の風景を訪ねて 1 ~アテネにて~

April 18, 2016

 

クロアチア・スロベニアを経てギリシャのメテオラ、アテネを巡った一人旅も、日本から来た母と妹を加えて賑やかな3人旅に。

スタイルアドバイザーとしてIGや雑誌、ウェブコンテンツを中心に独自のコーデ術を発信する妹(IGID:miho0319kawahito)による旅に合うファッションコーデと、私の旅プロデュースとの姉妹コラボも今回のテーマの一つ。

夢のように美しいギリシャの絶景と共に、ぜひぜひお楽しみ下さい!

【旅行時期:3月末~4月上旬】

 

前回までの一人旅バージョン5日間はこちらから↓

クロアチア・スロベニア絵になる風景と、ギリシャの絶景聖地へ1~パリ・ザグレブ~

 

 

アテネ、エレフテリオス・ヴェニゼロス空港。

 

非シェンゲン協定国からの到着ゲートは出迎えの人でごった返していた。

私もその一人だ。もうすぐ日本からやってきた母と妹が到着する。



時間は15:00を回った頃。早朝5時台の列車でメテオラからアテネに戻り、アテネでアクロポリス見学、スブラキピタを食べて空港に向かうとちょうど良い時間になっていた。
 
入国審査が混んでいたのだろう、予定より小一時間ほど遅れてゲートから2人が顔を覗かせた。
 母娘だけの3人海外は、意外にも今回が初めてだ。
 一人旅も気楽で良いが、旅の感動をその場で共有できるというのもまた楽しい。
 
さて、長旅を終えても思ったより元気そうな二人を連れて、本日宿泊のソフィテル・アテネ・エアポートへとチェックイン。

 

 

 

 翌日、ケファロニア島への便は早朝5:15発なので、移動の労力を考えて目の前の空港ホテルへ泊まることにしていたのだ。
 ここは、出口をでてすぐ、ターミナルからものの5分とかからない位置にあるため、トランジットや早朝出発、深夜到着に非常に便利かつ、サービスも施設も良くおススメだ。


 ソフィテル アテネ エアポート(Sofitel Athens Airport)

 

 ここへ荷物を置いて休憩してから、身軽になって市内へ夕食を食べに行くことにした。
 市内へはタクシーで約40分、定額35€。
 
まずはアクロポリスの近く、プラカへの入口付近にあるホテルロイヤルオリンピックで降ろしてもらい、ここからブラブラ歩きつつレストランまで行く。
 
今回もfresko yogurt bar でハチミツとウォールナッツをトッピングしたリッチタイプのギリシャヨーグルトを食べる。

 

Fresko Yogurt Bar

 

 アクロポリスの南を通る歩行者天国のディオニシウ・アレオパギトゥ通りは大理石の屋敷や美術館、博物館、閑静なお屋敷が並び、雰囲気が良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
この日のファッションは、アテネの街の石畳や大理石、遺跡のアイボリーに合わせたベージュやカーキなどのアースカラー、黒のシックな色でまとめたのがポイント。

 

 

 

 タウン仕様に、リゾート過ぎないモードなレザージャケットやオールインワンでトレンドを取り入れるのも忘れずに。

 

 

3人で初のディナーは、予約しておいたアクロポリスビューのレストランstrofi(ストロフィ)。
 ディオニシウ・アレオパギトゥ通りから石段を降り、静かな住宅街に少し入ったところにある穴場的レストランだ。
 こじんまりした店内はミントグリーンを基調にしていて素敵だが、ここではやはり最上階のテラス席を予約するのがマスト。

 

 

食事をしながらアクロポリスを眺められるベストロケーションに加えて、どれを頼んでも外れのない料理の数々。
日本のガイドブックにはあまり載っていないが、地元民にも観光客にも評価の高い穴場レストランだ。
 

 

 開店直後の店内はまだディナーには明るいが、それでも数組のカップルがワイングラスを傾けていた。
 
グリークサラダは肉厚のきゅうりとジューシーなトマトに塩分の効いたフェタチーズがぴったり。タコのマリネはビネガーとハーブがベストマッチ、ラムチョップは羊が苦手な私でもペロッと食べてしまうくらいに癖の無い美味しさ。子牛のシチューは小たまねぎの甘みが溶けて崩れるくらいに柔らかい肉との相性はバッチリだ。

 

 

 

 

品数を頼めるのも一人旅との違い。
 
約2,500年前から存在するアクロポリスの姿を眺めながらの初日のディナーは、お酒も入りお喋りも弾んで楽しいひと時であった。

 

ストロフィ

 

食後は早く帰らねばと思いつつも、下町プラカにある私が一人で行っていたYiasemiでデザートを、ということになった。

 

Yiasemi Cafe Bistrot


今回は地元民にならって階段席に陣取ることに成功。
若者たちがひしめく狭い階段に小さな木のテーブル、そこっぱいにデザートや飲み物を広げてワイワイやるのも何だか楽しい。

 

 

ギリシャのお菓子、バクラヴァは甘ったるくて有名だが、ここのは若者向けにアレンジされているのかパリッとした生地に適度な甘さで、バクラヴァのイメージを覆すほど美味しかった。
 
ホテルに戻ったのは結局21:00頃。
明日は何といっても、この旅のメインの一つ、ケファロニア島探索だ。
 
早朝出発に備え、眠りに就いた。
 

CONTINUE to THE NEXT POST
 
 
★合流前の一人旅バージョン5日間も併せてどうぞ★↓

 

                                        クロアチア・スロベニア絵になる風景と、ギリシャの絶景聖地へ1~パリ・ザグレブ~

                                        クロアチア・スロベニア絵になる風景と、ギリシャの絶景聖地へ2 ~ブレッド湖・ザグレブ

                                        クロアチア・スロベニア絵になる風景と、ギリシャの絶景聖地へ3 ~アテネ~

                                        クロアチア・スロベニア絵になる風景と、ギリシャの絶景聖地へ4 ~聖地メテオラ~

                                        クロアチア・スロベニア絵になる風景と、ギリシャの絶景聖地へ5 ~カランバカからアテネへ~

 

Please reload

 

© 2023 by Salt & Pepper. Proudly created with Wix.com